空手を学ぶということ

空手を体得するには、長い時を必要とし、そこに近道はありません。
探究心と柔軟な思考、健全な身体を育みながら、正しく技法を理解して、
なお鍛練を続けることが、体得に到る唯一の道なのです。
真摯にとりくむ姿勢、自らおぼえる自得精神、
これらは技法を習得する重要な要素として道の基本であります。
しかしながら、何ら知識も持たない人が、ひとり空手を自得しようとしても、
いたずらに困難であるばかりか、正道を踏み外すおそれさえあります。
技法には段階があり、ふさわしい人格の形成が伴わなければなりません。
ここに道場の存在意義があります。
技の伝習には、系統的かつ段階的な教授をなしえる、すぐれた指導者の存在が不可欠です。そうした師弟関係のなかでこそ、言語文章では説明できないであろう運動感覚の交信がなされ、技術伝承の可能性が生まれるのです。
さらに形というものが技法の軸であるように、道徳は道を生きるうえでの指針となるものです。教える者と、教えを受ける者とが、おのれを自省自覚して
人格的に学び合うという姿勢が大切になります。

私達は、先人の英知を学びながら、自らも工夫して技量を高めていくことで、空手の道を極めてゆかねばなりません。明治天皇の御製に「世の中の人のかがみとなる人の多くいでなむ わが日の本に」とあります。
祖先の偉業、歴史上の人物から多くの有益な指針を学び、見習うことで空手を体得する幅が無限に広がることでしょう。
道場だけが学びの場ではありませんが、さりとて道場から始まらない空手というのもありえません。生き方の手本として、光武会館の空手はありたいと念じています。

光武会館 田上 信也